No Life No Lee Min Ho イ・ミンホ

イ・ミンホ Movie・FF・Photo

再会 1(壊れるチェ・ヨン)

 

チェ・ヨンはあの大きな木の下で

もう四年もウンスを待ち続けていた

 

元に占領されていた鴨緑江より西一帯は

チェ・ヨンが指揮する高麗軍の

怒涛の攻めにより奪還し

再び高麗の土地となっていた

 

 

ウンス 安心して戻ってきてよいのだぞ

この土地は高麗なのだ

俺が護っている高麗だ

 

 

そう呟きながら今日もチェ・ヨンは

大木の根にすっぽり抱かれるように

寝転び そよぐ風を感じながら

目を閉じていた

 

 

 

出会う前から

俺の夢の中で 俺を見て

優しい眼差しで俺の心を癒してくれた

ウンス

 

俺が不安を感じていると

 

大丈夫よ

 

そう言って勇気を奮い立たせてくれた

ウンス

 

想いが通じあってからというものは

毎日が本当に楽しくて嬉しくて…

 

祝言を挙げ それからの生活

いろんな困難があったが

それを一つ一つ乗り越え

俺たちは仲間達と共に

この高麗で懸命に生きてきた

 

この女人を

かけがえのない

唯一無二のこのひとを

俺に与えてくれてた天に

何度 頭を垂れ感謝したか…

 

 

思い出すだけで涙が溢れ

ヨンの涙はもう何度も枯れ果て

涙を流すためだけに水を摂る

そういう状況だった

 

 

ここには誰も来るな

そう言ってあるから

俺の心はここでは自由だ…

 

そう ここではどんな惨めな

姿を晒していても

誰も嘲笑するものはいない

 

迂達赤やテマンにきつく言ってある

ここに誰も近づけるなと

 

 

戻ってこい 早く

俺の女 ウンス‼︎

 

 

そういつも叫び続けていたチェ・ヨン

 

 

俺は 俺は ここにいるぞ

イムジャが大好きな黄色い菊のもとに

 

 

分かっているのだろう?

俺が見えているのだろう?

 

 

イムジャが植えたここで俺は

ウンスが来るまでずっと待っているから

たとえ死んでもなお

ここで

永遠に待っているから…

 

 

そう言いながら

風に吹かれているチェ・ヨン

 

 

その時いつもと異なる香りがふと流れた

 

 

この香り…

 

 

俺が天界からウンスを連れてきた時と

同じあのひとの香り

 

 

あの甘さに俺はくらくらして

この香りを離してはならぬと思い

 

ウンスの体を手を離すまいと

絶対に高麗に連れて行くと

必死だった

 

 

その時の香り…

 

 

なぜ??

 

 

はっとして身を起こすチェ・ヨン

 

周囲を見回すが誰もいない

 

気のせいか…

 

そう思った時

 

その香りが纏わり

チェ・ヨンの体を包み込んだ

 

 

私 あなたの元へいくから

待ってて…

もうすぐ行くから

必ず待ってて…

 

ヨ...ン…

 

待ってて…

 

 

 

ウンス‼︎

 

 

 

チェ・ヨンは叫び思わず

空を抱きしめたが

そこにウンスはいない

 

ただ空気を引き寄せただけ

 

 

ああ…

 

 

俺は 俺はもう

もう無理だ…

 

ウンスなしでは…

 

もう限界だ…

 

 

そう言い

そこに残る香りを一つたりとも逃すまいと

自分の体を自分の腕で抱きしめた

 

 

まるでウンスを

抱きしめるかのように…

 

 

 

木の上で密かにチェ・ヨンの様子を

見守っていたテマン

 

 

大護軍は… 

 

テホグンがもう駄目だ

もう…もう…体が…

心が…もたない

 

 

そう察知したテマンは

もう一度天穴へと急ぎ走った

 

 

何度この道を俺は駆けたか

 

でも…さっきは

確かに奥方の香りがしたんだ

それにテホグンがまるで

そこに医仙様がいるかのような

そのような姿で抱きしめていた

 

 

絶対 医仙様は テホグンの奥方は

戻られる 

今度こそ

 

 

そう言うと

戻ってくるウンスに

間に合うよう

 

また引き込まれぬよう

絶対に手を掴んで

離さぬようにせねばと

駆け抜け天穴へ向かった

 

 

走って走って…無心で走って…

その先に…

 

 

医仙様!

 

 

その姿がそこにあってほしいと

何度も

何度も心に願った

そのお姿が…

そこにいる‼︎

 

 

ぼ~っとした表情で

ただ 立ち尽くすウンス

 

 

い…い…医仙様‼︎

 

テマンは驚き涙を宙に散りばめながら

急いでウンスに近寄り

 

だ…だ…大丈夫ですか?

医仙様‼︎

 

と声をかける

 

一体 一体これまで

どちらへいらしていたのか…

こんなに

こんなに長く…

 

そういうテマンだったが

ウンスはただぼおっとした感じで

何も言わない…

視線も合わせてくれない

 

 

い 医仙様じゃないのか?

 

いや お顔も姿もあの時のままだ

少しお痩せになったようだが

あのお美しいお顔そのままだ

 

 

テマンはその女人がウンスと確信すると

満面の笑みを浮かべ

 

 

 テホグンが…テジャンが...

 

 

いるんです すぐそこに

あの大木の下で

もう四年もずっとひたすら

待ち続けているんです

 

 

テジャンが…‼︎

 

 

焦ってテジャンと呼ぶテマンだったが

その言葉にもまったく反応しない

ウンス

 

 

ようやく瞳を上げテマンを見つめるだけ

 

 

どうしちまったんだ!

医仙様は

 

 

い…いや

と とにかく は…は…早く

行かないと

 

 

テマンはおかしな様子のウンスに

頭を掻きむしりながらも

まずはテホグンのところに

早くお連れせねばと

 

ウンスに

 

申し訳ないと断りを入れ

抱きかかえ

 

 

まるで人を抱いていないかのような

人とは思えぬスピードで

チェ・ヨンの下へと走った

 

 

 

image

image

ウンス…俺は…
もうだめだ
 
 
==============
次話はアメ限です
 
いつの日かこの大木の下に
抱かれぼーっとしたい
 
==============

 

 

 

  にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

関連記事

 別離再び シンイ二次

10 Comments

yukiukiyon  

10. Re:こんばんは

>ぽんたさん

コメ返が抜けてました(T-T)

ウンスはね~
あまりの疲労に
自失状態になっていたのですw

2016/02/19 (Fri) 18:22 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

9. Re:無題

>mayasora410さん

なっなんということでしょう!
返信を忘れていたとは(>_<)
申し訳ありません

うぶヨンは今やSヨンにもなってますが
いかがでしょう...

これからもお付き合いいただけると
嬉しいです♡

2016/02/19 (Fri) 18:18 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

8. Re:ヨン…

>みぃたさん

木の下は想像しただけで
涙出ますよね!

可哀想すぎる(T . T)

2016/02/15 (Mon) 00:28 | EDIT | REPLY |   

みぃた  

7. ヨン…

ヤバイ。。木のところにいるヨンを想ったら切なくなってきました(இɷஇ )
ウンスはいかがした⁇>_<
気になる…
アメ限、楽しみぃ~♪

2016/02/14 (Sun) 23:37 | EDIT | REPLY |   

mayasora410  

6. 無題

初めまして
yukiukiyonさんの、とってもうぶな、お坊ちゃまヨン、楽しく読ませてもらっています。アメンバー申請しました。宜しくお願いします。

2016/02/14 (Sun) 19:44 | EDIT | REPLY |   

ぽんた  

5. こんばんは

壊れるチェヨンfeat.慌てふためくテマンね。
ところで…ウンスはどうした?
テマンが運べるぐらいだから幻想とかではないんだよね。
では次に参ろうかのぉ~♪
ほぉほぉほぉほぉ~

2016/02/14 (Sun) 18:39 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

4. Re:初めまして^^

>811059さん

初めまして♪
コメありがとうございます

そして物語を読んでいただき
うちのヨンさんに共感していただき
本当にうれしいです。

ですみません
アメンバー申請のボタンを押していただいて
ますでしょうか…
ちょっと見当たらず…
もしまだでしたら
私のプロフィールのところから
アメンバーぼたんをおしてくださいね

すでにアメ限記事はアップしてますので
お早めに~

ではこれからもおつきあいいただけると
うれしいです♪

2016/02/14 (Sun) 17:21 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

3. Re:ヨンの哀しい姿が・・

>marumomoさん

ごめんなさい!
この章はですね、いま書いているですね
今書いている「想い」シリーズと違って
今日書くとお約束した
アメ限用の別の話の第1話なんです

ややこしくてすみません!

なのでこのシーンは
ドラマのラストシーンで
ヨンがウンスを待っているところから
始まります

また分かりやすくブログで説明しますね

混乱させてゴメンなさい^^;

でアメ限(かなりな長文)はとりあえず
さきほどアップしました
読んで感想きかせてネン♪

2016/02/14 (Sun) 17:18 | EDIT | REPLY |   

marumomo  

2. ヨンの哀しい姿が・・

大木の下で哀しい姿で力なく座っているヨンの姿が頭の中に出てきて、ちょっと胸が苦しくなりますね
( ; _ ; )/~~~


ヨンに頑張ってほしいのに、ウンスどうしてしまったの??

どうなってしまったんでしょうか??
気になりますね~

ウンスも心配だけど、この先のヨンが心配です(°_°)

2016/02/14 (Sun) 17:05 | EDIT | REPLY |   

811059  

1. 初めまして^^

ブログ村でyukiukiyonさまのお部屋を知り
「想い」シリーズを読ませて頂いているところです。
yukiukiyonさまのヨンは素直に泣いたり、ウンスへの
思いがストレートでとってもヨイなぁ♪とニヤニヤしながら
ヨンでいます。
これからも楽しみにしています。
是非アメンバーにして頂きたく、この場からお願いして
いいのでしょうか?
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

2016/02/14 (Sun) 16:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment