No Life No Lee Min Ho イ・ミンホ

イ・ミンホ Movie・FF・Photo

ただ今オンライン中のお知らせ追記)青い海の伝説 第16話 日本語

追記…

 

ちょっと脱力感半端ないですけれど

もう・・・

youtube別アカウントにて

今回の話テスト配信します

現在は、全話を放映中

 

これで、明日の夜

オンタイムライブチャットも

できるのだけど

どうだろうか

 

そして今日の脱力感半端ないドラマ

 

ま、とりあえず見れる人は

見てチャットいれてみてください

まってま〜す

明日仕事だけどwww

 

 

 

 


 

 

 

ギリセーフ

今日はがんばる

今日は忙しかった

ほんとはと10分あれば

ライブチャットできたのに

残念

明日トライしてみたい〜です

 

 

 

ホジュンジェ

灯台の伝説は本当だったんだ

そこで別れた人たちはまた会える

またあって愛するって

 

おめでとう!

お母さんにあえたんだね

 

母を見つめるジュンジェ

横断歩道を渡るジュンジェ

泣く母

 

ジュンジェ

抱きしめる母

 

ごめんねジュンジェ…

泣きすがる母

何も言えない

立ち尽くすジュンジェ

涙流し

そして

抱きしめた

 

ミヤネ

ごめん

頬を包み込む母

 

抱きしめ合う親子

見つめるシムチョン

 

ここにきて

知った多くの言葉の中で

一番素晴らしい言葉は

ハッピーエンドである

ハッピーエンドだ

でも瞬間の幸せの後に

何が残っているのか

それは誰も知る余地などないのだ

 

母とジュンジェ

喫茶店

 

調子はどうですか?

体とか…

 

あなたは…

俺は大丈夫です

ごめんね

 

ごめんって言葉は

もうやめてください

 

私があんな風においてくるんじゃなかった

 

金持ちの父がちゃんと育ててくれたんだと

留学していると思った

 

してませんけど

それなりによく暮らしています

 

高校生の時家でしたっった?

我慢してくらせばいいのに

母さんにあいたくて

 

すぐ探せると思いました

でも

いくら探しててもいなくて

もし、亡くなったんじゃないかとか

思ってました

だあからごめんはもうやめてください

元気でいきていてくれただけで

ありがたいって思っています

 

涙を拭いてあげるジュンジェ

抱きしめるジュンジェ

微笑むジュンジェ

 

でもお母さん

小さくなったね

子供の時は俺が抱かれていたのに

これからは俺が抱っこしないと

 

10才の子供がこんなに大きくなる間

母もなしに大変だったでしょう

 

それも知らずに私…

 

だからどこにも行かないでよ

離れていると何もわからないから

だからどこにも行くな

 

本当に?

シアのところの婆さんが

ジュンジェの母?

そうだよ

俺もさがしていたのにこんなに近くに?

それでパーティーはどうする?

そうだな、

あんたこんな日に

いい日だからジュンジェは母にあえたんだよ

何?

なんでもない

遅いわよ〜

なんだこれ

すごいことがあったんだけど

夢にも思わなかった

これまで母の料理たべていたのに知らなかった

 

もしかしてシアさんが彼女?

大学の友達?

だよね?

彼女はチョンさんよね?

 

あら笑った

 

それで、もう一緒に暮らしているの?

事情があって他で暮らせなくて

チョンさんに助けてもらったんだ

車に轢かれそうになったのも

助けてくれたし

気をつけてくださいよ

わかった

 

いい家で暮らしているね

金はたくさん稼いだから

母と一緒に暮らせるくらいにはね

どういう仕事をしているの?

いろいろとね

入りましょう

 

誕生日おめでとう

シムチョンの誕生日

 

そうだ願いことしないと

あ、うん

ここで長い間ホジュンジェと幸せになりたい

願い事は内密にしないと

そうなの?

大丈夫だから

 

待って

もう一回やろう

なんで?

 

おめでたいことあるでしょう?

お母さん見つかったし

 

そうだ、まだおめでとう言われたい人?

私テストで100点とった

やろう!

これが面白いからだろう?

うん

いいよ、もう

やろう

どこ?

 

おめでとう!

また?

やめやめ

 

何?

お前も来いって

その前…

 

シアに電話する詐欺師し

ジュンジェの母

お前の家で働いていたおばさんだって

お前としてはいいだろう?

同じ家にいたんだし

ここすごいって

 

小学生と、街のホームレスまできた

バイバイ、今日はありがとね

誕生日おめでとう

お兄さんも、母にあえてよかったね

ありがとう

バイバイ

 

あの

引き出物とかないですか?

パーティーにきたんだし

食べ物でもあげましょうか?

調理されてから2時間以内のものはちょっと

お前の友達おかしいぞ

ここに来てからできた友達は

皆いいこだよ

ホジュンジェのお母さんだって

友達だし

え?違うだろ?

友達だよ

お母さんのこと全部覚えるくらい探しましたよ

外国にいて戻ってからは

他のところで手伝いしていたから

苦労したんですね

そういう意味で乾杯でもしましょう

それでお母さん

一つお聞きしても?

なんでしょう

カンジヒョンという人の名前に

覚えはありますか?

同じ高校の

カンジヒョン?

知り合いなの?

その名前なんできくんですか?

ちょっと仕事で調べているんですけど

何も残ってなくて

きになっていたんです

知り合いだよ

そう?

あんたも知ってる人

俺が知ってる

ジャンジェ、あなたの継母よ

カンソヒに名前を変えたんだと

だったら記録に残るはず

高校の時の名前はカンジヒョン

どうしたの?

それが

なんでもない

どういうことなの?

脱走犯

マデヨンのことご存知ですか?

きいてみたことがあるわ

そいつを追っていて

そのマデヨンとカンジヒョンの仲が

いいから

大したことじゃありませんよ

知り合いの刑事さんが聞いてそれで

 

なにやってるの?

中にジュンジェの母がいるわね

多分?

お母さん、私のことは言わない?

どういう?

なんでもない

入らないの

テオ、私と酒でも飲まない?

姉さんとはちょっと

飲もうよ

私のことどんなに好きかは知らないけど

あのおばさんがジュンジェの母だって知ってた

なのになぜ言わなかった?

おあばさんにすごくいじわるしたから

仲悪かったの

でもジュンジェの母だって知ってしまって

ジュンジェがこのこと知ったら

友達にもなれないよね

どう?

この話きいたら好きじゃなくなったでしょ?

ありがたくおもいなさいよ

私はジュンジェを好きになる気持ちが消えないから

あんたにはそういうのをやめてほしいから

言っているのよ

 

 

そう、俺の継母なんです

その人がまだマデヨンと関係があるなら

お前の継母の差し金か

なんでお前をころそうとしてるんだ?

 

ホジュンジェが憎いからなんじゃ?

今は財産の問題かなと

どういう規模なんだ

お前詐欺はだめだぞ

お前の父財閥か?

何?

本当に?

いますぐ調べるのは

決定的な証拠なしではできないし

無駄に動いてこっちの動きがばれるのは

ちょっとな

でも感がそう言ってるんですよ

 

しにかけたのにまたこんな

患者さんの場合は

たまにいきなりおきたりもします

俺らはそういうのを奇跡というのですが

奇跡がおきてほしいです

先生

 

 

昔を思い出すおじさん

ダムリョンの友

悪者は

義理兄と詐欺師

 

どうしたの?

俺の父はあの人なんですか?

マデヨン?

そうなんですか?

返事がききたい?

はい

あんたは何もせず

知らずに待っていれば

私が全部やってあげたいのに

何がそんなに

俺がそういう人の息子だってことが

嫌だから明るい地には出れない

汚い人におもえてくるから

チヒョン

私には双子の姉がいたの

同じ日に生まれて捨てられた

姉はいい家に養子にもらえて

私は酒をのんで家族を殴る人の家に

ひきとられた

でもそんな状況でも

私に有利なことが一つだけあって

 

わかりません

お父さんが酒を飲んで寝てるっておもったのに

朝起きてみたら

泣かないで

 

こんな風に消えたら私

人たちは弱者の話は真実だろうって

しんじてくれた

それだけを武器にしてここまできたんだ

疲れる

遠い道だった

 

チヒョン

あんたにはそんな遠回りしてほしくないの

マデヨンだろうがなんだろうが

近道だと思って

そこを通って

明るい地に出て

華麗な花として生きればそれでいいの

 

テオとシア

 

送ってくれてありがとう

姉さん

うん

考えてみたけど

好きなの、yまえる

整理できそう

できた

もう?

そうか

よかった、そうしないと

だから姉さんもジュンジェに告白して

こんな状況で?

それで会えなくなったら

こんな風に続けることは意味があることか?

帰るね

あいつ整理するの早すぎる

よかったね、これで

 

 

はい、今日はここに泊まります

息子にあったの?

どうやって会ったの?

 

 

さっきの話してよ

ホジュンジェの継母とまで読ん

なんでそれを気にする

マデヨンはホジュンジェと私を狙ってたから

マデヨンの女ががカンジヒョンで

その女の周りは

疑問の死がたくさんあって

旦那も二人とも失明して病死

わかるか?この言葉

わかるよ

カンジヒョンがジュンジェの継母なら

そのホチヒョンという義理の兄がその息子で

どうした?

ホジュンジェが寂しかっただろうって

俺にあったことがあるんだよ、あいつは

また何かわかったら教えて

おしえたところでどうにもならないだるに

 

プールであの日

なにかあったのに

泣いて

泣いてみろって

なんでそんな言葉を

 

 

ここが私の部屋です

綺麗だね

ここでチョンさんと寝ていい?

もちろんです

 

俺の愛するバカ

ここまでくるのお疲れ様

きてくれてありがとう

これからは綺麗な靴をはいて

いいところだけ歩かせてあげる

 

 

ようやくきてくれたんだ

 

ジュンジェから?

 

チョンさんがジュンジェのそばにいてくれて

ありがとう

私もホジュンジェのそばにきてくれて

ありがとう

でも、私になにかあってそばにいなくなっても

お母さんはホジュンジェのそばにいてあげてtね

どういうこと?

もしもの話ですよ

ホジュンジェプレゼントありがとう

 

寝ないで何してるんだよ

今日誕生日なのに

あんたの顔見れなくて

ドアあけて

 

微笑むジュンジェ

 

 

顔も見れたしもう寝たら?

テレビみたら

誕生日は口付けするものだって

 

ぷっと吹き出すジュンジェ

 

微笑む母

 

キスをせがむシムチョン

誕生日くちづけする?

え?

 

準備できた

だって

何よ

ロマンチックっていったのに

ダーティーにいってるぞ

これくらいで?

夜に考えるなよ

うるさいぞ

他人の考えを読み取って

俺も聴きたくないんだよ

騒音問題

だから単独にすんでるのに

それでよびだしたの

違う

これのため

ちょっとへんだな

ちゃんとはしってるけど

 

抱き合う二人

 

びっくりしてねれませんでしたよ

息子さんは元気で

はい

息子の手をとて家にもどればいいのよ

そんな

でもジュンジェは元の場所にもどさないと

どこにいくんですか?

食事を作りに

今日は配達でいいから

お茶でも飲みながらどうですか?

コーヒー

梅の茶で

いいね

どこだっけ?

冷蔵庫の2回目の段に

そうだった

そこじゃなくて中の

やりましょうか?

いいあkら

そうだ私いったよね

息子さんに会ったって

ありがとうございます

なんでこんな

 

車もないのに

寒い日大変でしょ

何、よくないの?

野菜がちょっと

肉も油おおめで

すみません

 

いいえ、私が明日にでも交換に

もう

 

はい

どうぞ

知ってたんですね

その、話そうとしたんですけど

ジュンジェにいいます?

いいえ

これまで

ジュンジェと友達として仲良くしてくれたって

ききました

ありがとうございます

これからも宜しくお願いします

そうしますお母さん

お母さんだなんて

昔のように扱ってください

それじゃ

笑いながら言ってくれたのに

なんでこんな

 

 

ジュンジェと義理兄

 

父さんはどこだ

先にもどってください

会長の本当の息子か

そうみたいですね

なぜここに

元気?

友達と旅行だよ

どこへ?

はいだよ

ハワイ…長いな

 

ジュンジェ

お父さん食べ物関係で

出張も一週間以上いったことないのに

何が言いたい

お前が信じられない

 

警察官

お前の父の出国内容なんて確認できない

国内にいるのは確かだ

 

ちょっとあらってくれない?

どこを

どこを洗い出す

まってろよ

どこ

お父さんのところ

冗談かよ

 

お前の父の家に入って

証拠あればいいけど

あの女凄い女だぞ

 

シムチョン

手伝う

何をだよ

ホジュンジェの父の件だよ

全部きいた?

いって

そうだ

お前はその義理兄もしってるし

でもだめだ

ジュンジェが知ったら大変だ

ジュンジェに内緒にするか

何をてつだえばいいの?

2時間くらい外に連れ出してくれれば

2時間ね

カンソヒあの女を呼び出すの大変だけど

方法がありそう

アンジンジュが私だけを除いて人を?

ええ、そこで真実を言うって

どこよ

時間と場所を言って

奥様に言うなって言われたので

私からきいたって誰にも言わないでください

わかったから

どこなのよう

 

 

ジュンジェアボジ

ねてるんですか

ああ、薬がきつくてな

酔ってるか?

はい

お父さんの息子は

俺一人じゃないですか

そしたら最後までお父さんのこと守るのに

ジュンジェまで必要なんですか?

俺ジュンジェに何度も連絡したのに

俺にお前の父だから

お前がなんとかしろって言われて

あいつ、今、詐欺師してますよ

調べたんですから俺

それでもジュンジェを選ぶんですか?

 

酔ってるぞ

もう寝ろ

はい、父さん

 

黒キャップをかぶるジュンジェ

化粧するシムチョン

 

それでどこへいくんだよ

あんた?

俺は仕事で

俺らは仕事で先にいくからな

あとでは

お前冬にそれ寒いだろ?

他のにしろよ

そうだな

でもお前、きれいだから

着替えろよ

やめておけ

着替えろよ

 

綺麗すぎた?

そう、今日はきれいすぎるものね

 

詐欺師たち

おれらここで潜伏してたけど

お前の父はみてないぞ

ホチヒョンも遅いって

これでいいのか

俺は知らないからな

違法的なことはやめておけ

息子の見送りですか?

 

今日はなんで二度目の点検を?

ちょっといろいろありまして

楽にしててください

 

電話くれてありがとうございます

実は気になることがあって

なんですか?

マデヨンと言う人しってますか?

その人とホチヒョンさんとあなたと母って

どう言う関係ですか?

マデヨンが私たちの周りにいるんです

それであなたと関係しているのなら

あなたが止められるんじゃないかって

俺とあの人は関係がありませんから

何もできません

 

 

部屋を見回すジュンジェ

写真をとるジュンジェ

 

おばさん!

こちらに

その

 

薬を取るジュンジェ

ひきだしの中をとる

 

おばさん!

こちらに

その

 

盗聴器をつけるジュンジェ

 

消毒始めますね

 

二階に上がるジュンジェ

 

虫の痕跡

みえます?

これはごみじゃなく

 

ジュンジェ

ドアノブに手をかける

 

 

部屋を開けるジュンジェ

部屋を見回すジュンジェ

 

父がいた

 

お前か?

 

電気をつける父

 

帽子をとるジュンジェ

 

見る父

 

チヒョン

誰ですか

誰だ

スマホをとろうとする父

 

それを渡してあげるジュンジェ

 

これをお探しで?

お父さん

 

ジュンジェか?

 

ここで何をしてるんですか

ジュンジェなのか

一体ここで

何をみてるんですか

なんですかこれ

すぐ前の息子にも気づかず

そのたまえに母を追い出して

俺にあんなにきつくしたんですか?

 

何?

おばさんここをみてください

このカーペットの下だって普段

ちょっと

おばさん、説明をきいてくれないと

 

ここを出ましょう

どこに

この家はだめです

なぜだ

どんな間に合うか

ここは俺の家だ

ナム部長のおじさんも

お父さんだって全部

継母のせいです

 

10年ぶりに帰ってきて

母を侮辱する気か

俺が間違ったと言いたいのか

そうです

 

木の芽は手術を受ければよくなる

今はちょっと調子が悪くて

お父さんは目の前の俺だけじゃなくて

あなたの人生がどこまで落ちていくのか

見る気もないんですね

まだお前の部屋をそうじしてくれている

いい女だ

17年前に一緒にすんだ俺の方がよくしっている

本名カンジヒョン

二度結婚して

その旦那は二度も死んでます

お父さんの件も偶然だったらいいのに

すべての状況が違うと言ってます

冗談を

信じたくないなら信じなくて

結構です

でも父さんをほおって置けません

お前詐欺師になったってね

それで父にまでそんなことをする気か

 

上でうるさくて

お父さん

なんとかって言葉が

今すぐ行きます

お父さんは出ないようにしてくれたらいいです

今日会いたいって

このためですか?

ジュンジェが家にきたみたいです

すみません

今日は遅れそうにありません

さようなら

 

マデヨン

 

見つめるシムチョン

二人とも凶器を持つ

 

スプリンクラーに

かなづち

 

水がシムチョンにかかる

 

おうマデヨン

 

階段をおいかける

マデヨン

上がるシムチョン

 

 

扉を開けると

シムチョンがまちうけていた

 

あんたの記憶を全て消す

そしてつかまる

何も覚えてないのに

 

長い間その罪を償わないといけない

地獄を味わうように

 

 

その回想はやめて泣泣泣

もうやめて

もうやめて

やめて〜

どんだけ泣かせればいいんだよ

もう

ダムリョン泣かせないでよ

もうやだよ

 

その二人は元気で

怪我もなく可愛い子供もいっぱいで

長い間幸せに

うそだ

 

うそだったんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 青い海の伝説

0 Comments

Leave a comment