No Life No Lee Min Ho イ・ミンホ

イ・ミンホ Movie・FF・Photo

新たなる戦い20 ーヨンとウンスの初でえと 小物屋でウンス壁に迫るヨンー

 

チェ・ヨンがずっと前から

万が一に備えて計画していた

スリバンの街散策

 

絶対にあり得ないことだが…

 

だが

 

もしも…

万が一…

 

ウンスとここに来るようなことが

あれば

 

 

この店のこれと

あの店のあれと

そして食事はここで…

 

 

 

このようなこと

ありえない

してはいけない

 

そうは想っていたが

それは重々分かっていたが

 

いろいろとそのような考えを

巡らすことは

実際 楽しくてしょうがなかった

 

 

俺が勝手に想像してるだけなら

誰にも迷惑かけないだろう?

 

そうも想っていた

 

 

だから…

 

地べたに座り鬼剣を抱え

立膝をして空を見上げながら

ふっと笑う…

 

うつむいて

ふっと笑う

 

最近 そのような表情を

以前とは違う表情を

多くみせていた

 

チェ・ヨン

 

そのような時は

だいたいウンスのことを

考えているか

 

このスリバンの街で

ウンスと一緒に歩いてる

 

そのような光景を

思い浮かべている時だった

 

 

だがその万が一も

なきにしもあらずだ

 

 

例えば

 

何かウンスに

買わねばならぬものができたら

 

護衛としてチェ・ヨンが付き添わねば

ならぬ

 

これは割とあり得ることだ

 

そしたら

ウンスとこのスリバンの街に

来ることもできるかもしれぬ

 

ああ…やはりこのスリバンの街

ここだけは完璧にしておかねば

 

そのようにチェ・ヨンは想い

ここまで完璧に

この街を整えてきたのだった

 

すべての高麗の街をこのようにできれば

迂達赤としても楽になる

 

いやそんなことよりもまず

民が楽になる

 

ひいては王も楽になる

 

だがそれはやはり無理なことだった

 

限られた場所しか

やはり完璧にはできない

 

だからここは最近

すごく安全な街として

民にも喜ばれ

評判も立ち始め

 

逆にチェ・ヨンにとっては

また管理が難しくなったと

少し頭を痛めていた時でもあった

 

 

だが…そんな折

 

ありえないことが

まさかこのようなことが

 

と想われることがチェ・ヨンに起こり

 

紆余曲折はあったが

あれよあれよといううちに

 

俺の願いどおりに

 

俺の人生…

いや輪廻する

俺の人生すべてに

 

ウンスあり

 

その人生の第一歩を踏みだせる

ことになったチェ・ヨン

 

それからというもの

チェ・ヨンはスリバンに

あれやこれやと指示を出し

 

マンボ兄妹に

ぶつくさ言われながらも

テマンを遣いにやり

徹底的に準備を進めてきた

 

ウンスと俺が

いつ何時ここを訪れても

よいように…

 

 

 

ここまでの用意周到さ

さすが

高麗 迂達赤 隊長 チェ・ヨン

 

いやこれはその役職ゆえ

というよりは

 

チェ・ヨンの細かく詰めていく

そのような気質によるものだろう

 

大雑把そうに見えて実は

相当に細かい男だ

だが…

全体的には大らかでまっすぐ

そして裏表のないチェ・ヨン

 

ウンスもチェ・ヨンの

その細かい性格の部分は

うすうす感じ始めていた

 

ウンスはと言えば

 

物怖じしない大らかな性格ではあるが…

実は心の奥底は傷つきやすく

割と引きずるタイプ

 

どうか

相性はあいそうか?

 

いやそんなことは二人には問題ないこと

 

愛が深すぎるゆえ

そのようなことも

お互い可愛くそして素敵に見えた

 

 

そういうことで

このチェ・ヨンの相当に計画された

初でえと

 

まずはクッパの斜め向かいの店

小物屋に入ったが…

 

いや正確に言うと店に入る前に

これからの二人の人生において

かなり重要なことを

いくつも話し

 

そしてようやく店に入り…

ひと騒動もふた騒動も起こした末

 

ようやくチェ・ヨンが

ウンスと想いを通じる前から

絶対に買ってやろうと思っていた

柘植の櫛

 

それを渡すところまでいった

 

その柘植の櫛

最高級のものを

 

まだ見護るだけの日々の時から

すでに用意していた

チェ・ヨン

 

天界に行かれる時にでも

俺の想いを渡そう

そのようにも想っていた

 

だが…二人の運命が大きく転がり

祝言まであげることになった時

 

チェ・ヨンはチュンソクと相談し

 

二人の名前を入れたものと

ウンスだけの名前をいれたもの

 

その二つを用意したのだ

 

 

この二つの柘植の櫛

二つとも同じ名入れにしておけば

よかったものを

 

自分のものだけには

こっそりと

♡マークと二人の名前を入れた

ため

 

大騒動に…

 

 

いや本当はそちらがウンスのものだった

だが…チェ・ヨンは

その出来上がった櫛を見て

密かに取り替えたのだ

 

なぜならそちらには二人の名前が

入っているから

 

 

ウンスが使うものは

人の目にもつくだろうから

俺の名前と♡など入っていようものなら

誰に何を言われるか分からぬ

 

だから絶対にこれが俺のもので

ウンスは自分の名前だけのもの

 

そう決めていたのだ

 

心の奥底では

本当はその♡マークが

欲しかったのだが…

 

 

そして先ほどの二人の喧嘩というか

欲しいものの取り合いというか

 

まあ側から見れば

犬も食わぬような

夫婦のたわいないやり取り

にしか見えなかったが…

 

それも最初のうちだけ

 

ウンスが

 

その♡マークの方をくれないのなら

今夜はお預けよ

 

などといらぬことを言ったせいで

 

チェ・ヨンに怒りの炎をつけた

というか…

 

こんなに今まで我慢してきたのに

この初でえとだけは絶対にしたくて

 

そのようなこと

本当はあの風呂場でも

いくらでもできたが

 

そのようなこと始めれば

何時間あってもたりず

絶対に離れられなくなるのは

分かっていたから

 

あえて静かな時を選び

そのようにしてきたのに

 

それなのに俺の気持ちも知らず

 

いや…

ウンスもそれなりに

我慢しているようだが

 

 

とにかくチェ・ヨンは

ウンスがそのようなことを

少し軽はずみに言ったことが許せず

 

 

割と本気で怒っていた

 

 

だがその怒りが

ウンスの目を見つめるうちに

 

切ない気持ちに変わり

 

逆に自分の気持ちを燃え上がらせ

 

自身がどうしようもなく

むくむくとし始め

 

思わずウンスに擦り合わせてしまった

 

 

だめだ

俺…

 

だめだ

もう…

 

 

 

だがここは…

ああなぜ…なぜここは

クッパの店の中ではなく

小物屋なのか

 

目の前に女主人もいるではないか

そして俺たちを見ているではないか

 

このようなことになるのであれば

あそこでしてくれば…

そうすればすっきりと…

 

そのようなことも考えるチェ・ヨン

だがそのようなこと

今更思っても仕方のないこと

 

 

 

俺は…

 

どうすれば…

 

一体どうすれば

この気持ち…

 

抑えられるのか

 

 

 

だが結局は抑えられず

 

 

ウンスの腕を掴み

壁に押し付け

にじりより

 

自身も押し付け

ウンスと熱を分かち合い

 

ああ…

 

そう一言呟くと

 

ウンスよりかなり高いところにある

その顔を斜めにしながら

ウンスの顔に降ろした

 

その時

 

チェ・ヨンの斜めにした顔が

ウンスの唇に降りそうになった

まさにその時

 

 

あの声が

その店に響き渡ったのだった

 

 

 

image

俺は…このスリバンの街を

完璧で安全な街にしてきたのだ

ウンスのために…

 

ウンスとここに来る日を夢見て…

 

 

 

 

================

お試しで…

今晩短くシーンごとに

行ってみます

 

あと1本か2本…

耐久レースかな

 

 

今来客2人もいますが^^;

私の部屋の外に…

 

熱帯魚メンテさんと

息子の数学を見てる人

 

皆様は…

素敵な木曜の夜を…♡

================

 

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

関連記事

 新婚 シンイ二次

2 Comments

yukiukiyon  

2. Re:♡の形

>marumomo殿

コメありがたいぞ
だがな…
このまえのコメの返事はどうした

marumomo

どうする?


ははは

ウンスになれ!
お前

ウンスに!!

夢は自由だぞ!
夢はふりいだ!!

ヨン

あ…この言葉はウンスに内緒で
頼むぞ!!


ヨン

2016/03/18 (Fri) 01:09 | EDIT | REPLY |   

marumomo  

1. ♡の形

こんばんはー(^^)

今日わたしが見た雪どけの♡の形

見た時に思い浮かんだのはヨンと、ウンスでしたー
♡の形が私の頭の中でヨンとウンスに変換されちゃってます(笑)かなり影響をうけてますよ(^^)


ヨンってほんとに抜かりがないですね~
用意周到で、言うことなし(^з^)-☆

こんな良い男はいません(^o^)
こんなに完璧なのに、ウンスの一言で怒ったり笑ったり可愛いですね ♡♡♡


できることならウンスになりたい(°_°)
このあとには何が待ち受けるのかな?
待ってますよ☆

2016/03/17 (Thu) 21:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment