No Life No Lee Min Ho イ・ミンホ

イ・ミンホ Movie・FF・Photo

新たなる戦い 14 ーヨンとウンス至福の眠りー

チェ・ヨンに包み込まれるように

 

背後から抱きしめられているウンス

 

 

 

風呂に入っていた丸裸のチェ・ヨンと

 

薄い衣一枚のウンス

 

 

 

チェ・ヨンの胸とウンスの背中は

ぴったりと密着し

 

背の高いチェ・ヨンは

 

ウンスに合わせるように

その背中を少し丸めて

 

その顔を少し屈めながら

ウンスの頬に自分の頬を寄せている

 

 

 

 

翳りを見せ始めている

格子窓からの弱い光

 

一日の終わりを告げるかのように…

 

 

 

 

そんな弱くも優しい日の光を受けながら

 

 

二人は

 

 

ゆらん

 

ゆらん

 

 

 

ゆらん

 

ゆらん

 

 

そんなゆったりとした

 

振り子のようなリズムを楽しんでいた

 

 

 

 

チェ・ヨンがウンスを抱え込み

 

腰でウンスとヨンだけの船を漕ぐ

 

 

 

 

 

ウンスはチェ・ヨンに抱えられたまま

身をすっかりヨンに預け

 

まるで…

 

後ろから背中を押されて

ブランコを漕いでいるかのよう

 

 

 

 

ああ…気持ちいい

 

 

 

 

思わずつぶやくウンス

 

 

 

 

ずっと

 

ずっと

 

こうしていたい

 

 

 

こんな静かな幸せな時間

 

今まであっただろうか

 

 

このような柔らぐ湯けむりに包まれながら

 

 

 

 

 

マンボ妹が沸かして入ったお湯は

 

まだまだ湯気を放ち

 

どんどんヨモギの匂いを膨らませ

 

二人をどんどん至福の時へと誘う

 

 

 

 

 

ヨン…

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

なんだ…ウンス…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私…

 

 

 

 

しあわ…せ…

 

 

 

 

 

 

そう言って思わずウンスの瞳に

清き水が湧き

 

みるみるうちにその紅色の頬を

 

雫が伝う

 

 

 

 

そしてその雫は

 

 

ぽた

 

ぽた

 

 

と…

 

 

 

拭うことなく

 

首から

 

胸元へと

 

落ちていく

 

 

 

形を崩さず丸みを帯びたまま…

 

 

 

 

 

チェ・ヨンも同じく…

 

 

 

ウンスを自分の胸にすっぽりと

 

しまい込みながら

 

 

 

その漆黒の

 

これから訪れる夜の帳のような漆黒の

深い瞳を潤ませ

 

頬に一筋の透明な筋をつけていた

 

 

 

 

その筋は抱きかかえている

 

ウンスの頬に伝わり

 

ウンスの雫と一緒になって

 

 

 

ウンスの首から胸元へと落ちていく

 

 

 

 

その雫 拭わずに

 

しばらく

 

揺れながら

 

 

 

二人ぴったりと躰を合わせながら

 

 

 

その揺らぎとその雫の感覚を

 

味わっていた…

 

 

 

 

 

 

 

つい先日まで…

 

 

 

 

零度を下回り

 

全面結氷している湖のようだった

 

二人の心

 

 

 

 

そこに流れる水などなく

湖面の下まで凍りつくほど

 

 

 

その湖氷は

 

 

深く

 

深く

 

どこまでも深く

 

 

 

 

そんなパリパリとした気持ちで

 

 

 

ソウルで

 

高麗で

 

 

 

過ごしていた二人

 

 

 

 

 

それが今のこの光景はどうだろう

 

瞼に浮かぶだろうか…

 

 

 

このような

 

こんなにも

 

幸せな二人の姿

 

 

 

瞼にその映像 浮かぶだろうか…

 

 

 

 

 

ゆらんゆらんと揺れながら

 

汚れのない瞳から雫を自然に落としながら

 

その四本の筋はやがて合流して一本になり

 

ウンスの胸元へと落ちていく

 

 

 

 

幸せ…

 

 

 

 

とは

 

今のこの二人のようなことを

言うのではないか?

 

 

 

辛い荒波を乗り越え

ようやく出会い

 

想いを遂げ

 

 

静かに

静かに

 

 

その想いを

 

 

二つの心を一つにして

 

 

二つのドクンドクンを

 

一つの音にして

 

 

多少違うリズムで脈打つ

 

まるで音楽を奏でるかのように…

 

 

 

 

チェ・ヨンの

 

力強くも少し早い

 

ドクッドクッドクッドクッ

 

 

 

 

ウンスの

 

優しく少し落ち着いた

 

ドクンドクンドクン

 

 

 

 

同じ右胸

 

 

もう手を当てて

その痛みを確かめることはない

 

 

 

同じ位置で合わさったそれは…

 

二人の想いが重なり合い

 

同じ音を奏でている

 

 

 

 

 

ウンスが

 

頬を寄せているチェ・ヨンの頬に

 

少し上向き加減に首をかたげ

 

ヨンの瞳を見つめると

 

 

 

ウンスの腕に回しウンスの胸の前で

 

握り合わせていたチェ・ヨンの手が

 

 

 

ウンスの顎を少し

 

くいっと

 

持ち上げ

 

 

 

優しい眼差しのまま

 

唇を合わせる

 

 

 

 

静かな静かな口づけ

 

互いの唇を合わせるだけの…

 

 

 

 

唇を合わせ

 

少し左右にこすり合わせながら

 

まるで頬ずりするかのように

 

唇同士愛しみ合う

 

 

 

唇を開ければすぐに激しくなる

その口づけ

 

 

 

 

だが今は…

 

したいが…

 

 

 

 

だが今は…

 

あえてしない

 

 

 

 

チェ・ヨンはウンスをこうして

抱きかかえ

 

ゆったりと

 

ゆらゆらすることが

 

 

 

一つになるのと同じくらい

 

いやそれ以上に

 

幸せなことなのだと

 

 

 

 

今改めて感じていた

 

 

 

若い男ゆえ

 

もちろん激情で突っ走りしたい

 

 

 

 

だが

 

 

このような幸せな

ゆったりとした時間

 

またいつ味わえるだ…

 

 

 

いや

 

 

 

きっとまたすぐに味わえる

 

 

きっと…

 

 

 

今はそんな二人のゆったりとした

落ち着く時間

 

 

 

そのような時間を大切にしたかった

 

チェ・ヨンは

 

 

 

 

 

 

二人流していた涙は

自然と止まり

 

 

二人瞳を閉じ

長い睫毛を少し濡らしながら

 

静かに合わさる唇

 

 

 

しばらくそのままでいたが

 

 

 

 

 

ふっと

チェ・ヨンが

 

ぐしゃぐしゃっと

ウンスの唇をおさえつけ

 

 

はははっ

 

 

と笑いながら

 

そう笑いながら

 

 

 

今まで前に揺れていた振り子を

 

 

左右に

 

斜めに

 

 

いたずらっ子のように動かし始めた

 

 

 

 

ウンス…

 

 

楽しいか?

 

ヨンのブランコは

 

 

 

うん!

 

 

どんな遊園地の乗り物より素敵

 

 

 

 

このブランコ

 

 

ヨンブランコ

 

 

 

好き

 

大好き!

 

 

ヨン 大好き!

 

 

 

 

 

そうか…

 

 

ウンス

 

 

よかった…

 

 

 

 

そう満ち足りた顔で

ウンスを見るチェ・ヨン

 

 

 

よかったな

俺たち…

 

 

 

 

うん?

 

 

 

よかったな

俺たち

 

 

 

こんな時間を今持つことができて

 

 

 

うん…

 

 

 

よかったな

俺たち

 

 

戦に行くといって

離れ離れにならなくて

 

 

 

うん

 

 

 

よかったな

俺たち

 

 

このような時間を

皆から与えてもらえて

 

 

 

 

 

なんて…

 

 

なんて…

 

 

なんて俺は幸せ者なのだ

 

 

 

 

ああっ

 

 

 

 

そう言ってチェ・ヨンは

 

 

上を向いて叫び

 

 

ウンスを再び

 

今度は骨が折れてしまいそうなほどに

抱きしめ

 

 

 

 

あああああっつ

 

 

 

 

まるで心に溜まっていたその重りを

 

 

外に吐き出すかのように

 

放出するかのように

 

 

叫ぶ

 

 

 

 

風呂場にその叫びは

何重ににもこだまして

 

 

 

 

 

ヨン

 

 

大丈夫よ

 

 

 

そう静かにウンスがつぶやく

 

 

 

 

大丈夫

 

 

 

大丈夫

 

 

 

大丈夫…ヨン

 

 

 

そう呟く

 

 

 

ウンスは分かっていた

 

 

 

このチェ・ヨンの叫びは

 

 

 

もう大丈夫だ

 

 

ということの証だということを

 

 

 

もっといいのよ

 

もっと…

 

 

 

 

 

 

私もついでに…

 

 

 

ああああああああつ

 

 

もう全部出てけっ

 

 

 

今までの私の重り

 

 

 

そうウンスが

 

負けず劣らずの大声で叫ぶと

 

 

 

 

思わずびっくりしたチェ・ヨンは

 

 

ウンスと顔を見合わせ

 

 

 

ぷっ

 

 

と吹き出した

 

 

 

 

 

 

俺たち…幸せになろうな

 

 

これから

 

 

二人で

 

 

 

皆からもらった愛

 

 

何重倍にも

 

何百倍にも

 

何千倍にも

 

何万倍にも

 

 

 

するぞ

 

 

よいな

 

 

ウンス

 

 

 

 

 

うん!

 

 

もちろん

 

 

 

 

大丈夫

私が付いているから

 

だから

 

天下の迂達赤 隊長 チェ・ヨンは

 

 

そして迂達赤は

 

 

そして高麗は…

 

 

 

 

一万馬力

 

いえ

 

一千万馬力よ

 

 

 

 

 

なに?

 

ウンス

 

お前…

 

高麗中の馬を引き連れるつもりか?

 

 

 

 

 

ははははっ

 

 

 

 

お前やはり可愛いな

 

 

 

 

そう言ってまたウンスをしっかりと

 

胸にしまい込み

 

 

 

その広く逞しい胸の中に

 

しまい込み

 

 

 

ああっ

 

 

ウンス

 

 

 

そう言いながら頬を擦り合わせる

 

チェ・ヨン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっくしゅんっ

 

 

 

 

 

 

 

せっかくのこの上なくよいムードだったが

 

思わずくしゃみをした

 

チェ・ヨン

 

 

 

 

あの…

 

ヨン…

 

 

 

 

ずっと裸のままで

何も羽織らずに

 

 

いるのもあれよ

どうかと思うわよ

 

 

ほらほら入って入って

お風呂に

 

本当に風邪ひいたら大変よ

 

 

 

こんなところで

風邪ひいたなんて

 

 

大変大変

 

 

私が怒られちゃう

 

医仙がついていながら

何してたんだって

 

 

 

 

ほらほら

 

 

 

そう言いながらチェ・ヨンを立たせて

 

浴槽へと入れようとするウンス

 

 

 

ああ…

 

 

 

分かったから

ウンス

 

 

そう言いながら

 

 

 

ざばんっ

 

 

 

とりあえず浴槽に脚を入れ

 

仁王立ちになるチェ・ヨン

 

 

すると

 

 

ウンスをひょいっと抱き上げ

 

 

一緒に

 

 

ざぶんっと

 

浴槽に沈んだ

 

 

 

二人一緒に

 

二人仲良く

 

 

チェ・ヨンの胸に収まったまま

 

薄い衣をきたままのウンスが

 

浴槽に浸かり

 

 

その衣から透けて見えるウンスの

 

白く美しい躰

 

胸元からきれいな丸いカーブを描く

 

二つの丘

 

そしてその先に咲く紅色の蕾

 

 

 

 

ああ…もう見ていられぬ

 

 

そういう想いで目を少しつぶりながら

 

 

 

 

抱きしめ

 

 

 

 

まだまだ温かく水の粒が

 

二人の周りで

 

飛び跳ねているかのような

 

そのようなお湯

 

 

 

二人はヨモギの香り漂うその浴槽に

 

ゆったりと身を沈め

 

 

 

 

ウンスはヨンの大きな胸に

 

身をゆったりと沈め

 

 

 

静かに瞳を閉じる

 

 

 

 

そして…

 

 

 

 

 

 

はああああっ

 

 

と一息吐き

 

 

 

 

 

 

気持ちがよいな

ウンス…

 

 

そう言うチェ・ヨン

 

 

 

うん…

とっても…

 

気持ちいい…

 

 

そう言うウンス

 

 

 

 

俺…

 

 

今まで…

 

 

このように…

 

 

湯に…

 

 

浸かったことなど…

 

 

なかった…

 

 

 

 

なにか単語を区切りながら

 

 

 

瞳を閉じ

 

浴槽の縁に頭を置き

 

そのシャープな顎を

 

上に向け

 

 

 

細切れに話すチェ・ヨン

 

 

 

 

 

 

うん

 

 

私も…

 

 

 

温泉にはいっぱい行ったけど

 

 

すごい効能って言われる

 

 

温泉やスパにはいっぱい行ったけど

 

 

 

 

 

こんな気持ちいいお風呂は初めて

 

 

ヨン…

 

 

 

 

 

 

もちろん男の人と一緒に入るのも

初めてだけど

 

 

そう小声でつぶやくウンス

 

 

 

 

 

ウンス…

 

聞こえているぞ

 

 

最後の一言余分だ

 

 

当たり前のこと言うな

 

 

 

 

そう顎を上に向けたまま

目を閉じたままの

 

ヨンが言う

 

 

 

 

 

想像するな

 

他の男のことなど

 

 

 

 

 

 

想像なんてするわけないじゃない

 

 

こんな素敵で世界一の男が

 

そばにいるのに…

 

 

 

 

 

当たり前だ

 

ウンス…

 

 

 

 

 

俺以上の

 

男など

 

お前には

 

いないの

 

だからな

 

 

分かったな

 

 

 

 

 

なんかヨン…

 

言葉が短いわね

 

 

 

 

ああ…

 

 

 

なにか気持ちよくて

 

ウンスの躰が気持ちよくて

 

このお湯が気持ちよくて

 

 

 

 

なんか 俺…

 

少し眠くなってきた

 

 

 

 

 

 

お風呂で寝ちゃまずいんだけど

 

 

まあいいっか

 

私もいることだし

 

 

 

じゃあ ちょっとだけ

 

 

 

五分くらい

寝なさいよ

 

 

 

そういうウンスも

 

なにやら

 

 

ふあああああっと

 

 

あくびをしている

 

 

 

 

瞼を自然に閉じる二人…

 

 

 

ウンスは一瞬

 

ヨン顔大丈夫よね?

 

 

お湯から出てるわよね?

 

 

一応それだけ確認して

 

 

 

 

今度は

 

チェ・ヨンの胸に

 

自分の躰を横にして

 

くっつけると

 

 

 

ヨンの顔に自分の顔を寄せて

 

少し瞳を閉じるウンス

 

 

 

 

 

ああ

 

 

本当に久しぶり

 

 

 

 

浴槽でこんなにゆったり

 

そして瞳を閉じるの

 

 

 

 

 

あの格子から差し込む光

 

本当にきれい

 

 

 

 

なんか水滴と混じり合って

 

虹色に見える

 

 

そう横目で二人に降り注ぐ

格子の光を見つめる

 

 

ウンス

 

 

 

 

 

 

こんなに幸せで

 

いいのかな

 

 

いいのよね

 

 

ヨン

 

 

二人で幸せになっていいのよね

 

 

そうよね…

 

 

 

 

私…絶対にあなたを幸せにするからね

 

 

愛しいヨン

 

 

 

 

そう言って

 

 

 

ヨンの胸に

 

 

す…き…

 

 

そんな風に文字を指で書くと

 

 

また瞳を閉じ

 

 

 

 

医者としてあるまじき行為

 

浴槽で少しの眠りを

 

 

 

ほんのわずかの安らぎを

 

求めるかのように

 

 

一瞬の深い眠りに

 

落ちていった

 

 

 

ウンス…

俺たち絶対に…

幸せになろうな

 

ヨン

 

♡Photo by yuki♡

 

 

 

永遠に続く風呂物語…

いったいいつまで?

これで何話目??

 

止まらない風呂物語

二人の愛…

 

私の大好きなお風呂で

ヨンとウンスも

大好きになったお風呂で

 

永遠の愛…

誓う二人…

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

関連記事

 新婚 シンイ二次

2 Comments

yukiukiyon  

2. Re:無題

>kuro usagi殿

コメいただきありがたい…

ぬ?kuro usagi殿も
つけているのか?

ん?その名前は言えぬが…
どっきりすぎるぞ

俺に背中から抱きしめてほしいだと?
すまぬ
ウンスだけなのだ
許せ

ちと密着抱きしめ
しかも裸だぞ

恥ずかしすぎるぞ…俺は…

俺裸でよく頑張ったと思わぬか?

裸だぞずっと…
まあよいが…

垢すりしてくれ
さきほどyukiyonも
垢すりして
イメトレしていたぞ

結局垢すりは今日できなかったが

そうそう
yukiyon

今からもう一本あげて
今日はおしまいと言っているゆえ

それも読むのだぞ

明日明後日はないかもしれぬからな

そういって
あのお方のことだ

どこかでちょこちょこ
書くのだろうが

その余裕
明日明後日
あるかどうかはわからなぬからな

では
すぐこのあと

また会おう

ヨン

2016/03/13 (Sun) 21:34 | EDIT | REPLY |   

kuro usagi  

1. 無題

Yukiyonさま

ただいま帰りましたぁ~。
いっぱい更新されてて嬉しい(ㅅ•᎑•)♡*.+゜

お腹空いたけど、ベットにひっくり返り、
(補正下着着たままぁ~(o´罒`o)ニヒヒ♡)
ヨモギ湯かぁ~良いなぁ~良いなぁ~
今夜の入浴剤 和漢生薬系にしよ~~
一人寂しく長湯しよ~
ヨン~背中から抱きしめてぇ~
足がつる~明日も更新待っておりまする。

2016/03/13 (Sun) 21:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment