No Life No Lee Min Ho イ・ミンホ

イ・ミンホ Movie・FF・Photo

あふれ出る想い 9 ーウンスの婚礼衣装ー

ウンスは王妃の元へ行く間中 先ほどの

チェ・ヨンの言葉を考えていた

 

 

自分でよく考えろ?

 

 

一体どういうことなの?

 

想いが通じてまだ数時間しかたってない

のにあの豹変ぶり…

 

なんかおかしいわね

 

さっきまであんなに甘えモードで

天真爛漫な笑顔で饒舌だったのに

これまで見たことがないような…

 

こんなチェ・ヨンは誰にも見せられない

私だけのヨンにしておかなきゃ

と思っていたくらいなのに

 

私の前ではずっとそんな甘いヨンで

いてくれるんだと思っていた

 

それが 私何にも悪くないのに

ヨンが王妃様といちゃついているから

こうなっているのに

なんか私の方が悪いみたいな感じに

なってて…

 

なんなのよ…

全く

 

だって 王妃様とチェ・ヨンがあんなに

楽しそうに見つめ合って

 

しかも 私がチェ・ヨンに教えたばかりの

手を握りお互いの心を繋ぐという行為

それをすぐに王妃様としていたから

 

二人だけの秘密ねって言ったのに

他の…しかも若くてきれいな王妃様と

してることが許せなくて

 

頭に血が上って感情的になっちゃった…

 

 

私 昔からこういうことよくあるのよね

それでいつもダメにしちゃう

 

高校生の時

初めて一目惚れした人がいて

 

もう本当に好きで好きで

その人の顔を見るだけで幸せで

 

友達からクラス写真を密かにもらって

定期入れの中にしまい込んで

休み時間や家でいつも眺めてた

 

クラスが一緒になったことなかったら

全然面識もないし話したこともなくて…

 

だからなんとかあの人の視線に

映り込めないかなって

 

階段でタイミングを見計らって

わざとすれ違うようにしたり

 

その人のクラスの廊下を通るとき

 

こっち向いてないかな

私のこと見てくれないかな

なんて期待しながら

 

でも見ていることが分からないように

視線をちらっちらっと横目でやりながら

 

普通に友達と笑顔で前を向いて

歩いているだけ…

 

そんな涙ぐましい演出をよくしてたっけ…

 

 

 

 

………あれ?

 

 

 

 

この情景…

どっかで見たことがあるような

 

えっと… どこだったけ……

つい最近も見たことあるような

気がするんだけど

 

 

下を向いて腕組みをしながら歩くウンス

 

 

王妃の部屋の前にたどり着き

回廊の先を眺めた時

 

あっ!

 

ここじゃない

 

そう王妃様と王様じゃない!

 

あの二人出会った時から本当に

何にも口を聞かなくて

ずっとむすっとしたまま怖い顔で

それぞれ前を向いているだけ

 

回廊ですれ違う時も

ひたすら互いの進む方向を見るだけで

 

変な二人ってずっと思っていた

 

でもこの前見ちゃったのよね

 

王妃様のちょうど隣で王妃様の顔を

見て話しながら歩いていたとき

 

ちらっちらって王妃様が横に視線を

やるところ…

 

中庭の花でも見ているのかなって

その時は思っていたけど

 

あれはもしかして?

もしかすると?

 

王様を見てたの?

王妃様って本当は王様が好きなの?

 

ウンスは手をぽんっと打ち

 

今までのひどく落ち込んでいた表情から

明るいしたり顔になった

 

だとしたらこれはかなり重症ね

ずっとこの状況なのかも

ここ王宮に来てから

 

いえ…もしかして元にいた時から?

あ~

多分王様も王妃様の気持ちには

全然気付いてないわね

 

だって私高1から

ずっとその変な行動繰り返してて

 

結局は友達が仲介してくれて

ようやく高3の秋に二人で

喫茶店に行くことになって

 

ちょっと雑談してたら

いきなり…

 

じゃあ 付き合おうかっ

て言ってくれた

 

あ~懐かしい青春ね

 

でも私この人以上好きな人には

もう出会わないなって思ってたのよね

 

ここ高麗に来るまで

 

その後も何人かとつきあったけど…

 

ま 私のことは今はいっか

 

で  付き合い始めてから

どうしても聞いてみたくて

 

私と視線合ったの分かってた?

て聞いたら

 

え?ウンスのことを?

名前と顔くらいは知ってたけど

喫茶店に一緒に行くまで全然だよ

 

そんな視線なんて俺たち合ってたの?

 

って言われてがっくりきたこと覚えてる

 

もしかして王妃様も私と同じ…

この口ですかあ?

 

なんか同じような視線 王様からも

発せられていたような気がするんですけど

 

ちょっと早く聞かなきゃ

 

そうウンスは言い王妃の部屋に入っていた

 

そこには

物思いに耽る王妃がいすに腰掛け

横にはチェ尚宮が前を向いて

立っている

 

王妃はウンスを一瞬見ると

すぐに視線を反らし

 

参ったのか

 

とだけ聞いた

 

 

その雰囲気からウンスもまた先ほどの

光景を思い出し

 

気まずい空気が流れる

 

どうしよう…

私から言うべきか

ここは黙っているべきか

 

でもこのあと宴に行かなきゃだし

 

王様と王妃様が二人揃うなんて

滅多にないチャンスだし

 

チェ・ヨンへのほのかな気持ちなんて

この際忘れてもらって

 

王様とはそもそも夫婦なんだから

一気に恋愛を成就して

もらいたいんですけど

 

それに歴史的にもお二人は

本当に仲の良い夫婦だったって

ことになってるし…

 

まるで王妃を恋敵かのように思う

ウンス

 

王様のことがずっと好きだったのに

願いが叶わなくて

だからいつも王様の側にいて

めちゃくちゃかっこいい

チェ・ヨンにぐらっときた

 

それくらいに考えている

 

でも王妃様なんで私に何も言わないんだろう

 

いつもだったら

 

おいしい茶でもとか

お菓子を用意しておいたぞとか

 

言ってくださるのに

 

私がヨンと王妃様のこと見ちゃったから

どうしようって思っているのかな…

 

あ~もうこっちがどうしようなんだけど…

 

そんなことをぐだぐだと考えていると

 

チェ尚宮がウンスに言った

 

今日は王妃様と共に宴に出席するのは

もちろん知っているな

 

は…はい もちろん知ってますけど

だからここに来たんです

 

と何を今更当たり前のことをと

幾分冷たく言うウンス

 

叔母上にも少し頭に来ていた

 

だって叔母上ったら

 

これから私のこと護ってくれるって

さっき言ったばっかりなのに

 

私が王妃様とヨンのことを

見てしまった時だって

すぐにヨンのところに

走って行ってくれたのに

 

それっきり何も言ってくれないし

何のフォローもしてくれない

 

この超一大事ってときに

それはあんまりじゃないの?

 

ここでフォローしてくれなくて

一体いつしてくれるんだか…

 

 

 

 

ーーーーもしかして…

 

 

 

ウンスはようやく薄々と

ここ高麗ではいろんなしがらみや

しきたりといったルールが多すぎて

 

あからさまに動くことは

むしろ危険というか事を悪くする

 

ということを感じ始めていた

 

動より静

 

ソウルにいたときのように

がちゃがちゃ事を引っかき回すのでなく

 

一歩引いて全体を見てから

ここぞという時にだけ動く

 

そんな思慮深さが重要

 

ということが分かり始めていた

 

要はすべて自分

 

現代より高麗は

より自分の責任が大きいのかもしれない

 

自分の考え

自分の判断力

そして強い心

 

これらは本当に大切で

 

周囲に惑わされないような強固な自分

 

そして

 

信頼する人との言葉なき意思疎通

 

もしかして私にはほとんどないこの二つが

ここ高麗では最も重要で求められて

いるのかもしれない…

 

だとしたら私相当苦労するわ

 

と思い肩をがっくり落とすウンスだった

 

 

我が崔家の嫁 ウンスは

一体何を考えているのやら…

 

チェ尚宮は何も言わないまま

眉が上がったり下がったりしている

ウンスを見て苦笑しながら

 

でもあの顔

少し分かってきたようだな…

 

激情型ですぐに思ったことを口にするが

間違っていたと分かればすぐ修正できる

 

そんな柔軟性が十分にあるウンス

 

口にしていることと

内心思っていることが

実は真逆だったりすることもあるウンス

 

本当にかわいい女人だ

 

あれでもう少し年が若ければ…

 

いやいや ヨンにはあれくらいが

良いのだ

 

あやつには年下はムリだ

 

年上女房に管理されている振りを

しているくらいが一番

心地よいだろう…

 

そう考え 今日の仮祝言は

無事執り行えそうだなと

安堵していた

 

ところで医仙

そなた宴に出る時に

羽織る衣装だが…

 

え…ああいいんですよ

このいつもの服で

 

私なんかこう

着飾った服がホント苦手で

 

こういう動きやすい服のほうが

好きなんです

 

それに今日はなんといっても

久々の宴ですよね…

 

高麗に来た時以来かしら…

 

ということはおいしいお酒も

おいしい食事もたっぷりと

飲んで食べられるってことですよね

 

なおさらそんな窮屈な服

着られません

 

前にチェ・ヨンに

酒を飲んだら天界に返さないぞ

金輪際一切飲んではだめだぞと

きつく言われていた事を思い出し

 

そんなこと知ったことじゃない

と思いながらそう言った

 

それでもごそごそと衣装を

出そうとするチェ尚宮

 

もういいからとそれを

押し戻そうとしたとき…

 

あ…

 

思わず息をのんだウンス

 

これ…王妃様のものですよ

王妃様が婚礼の時に来た

美しすぎる衣装

じゃないですか…

 

何を間違っちゃってるんですか?

まったく…

 

そう言いながらチェ尚宮と

王妃を見るウンス

 

 

 

そこには至極当たり前だがという

顔をしてウンスを見つめている

二人がいた

 

 

 
{7C83BC77-B1FC-43BF-995A-B8D946D8A9FE:01}
俺の気持ち  分かってくれたか?  ウンス
関連記事

 想い シンイ二次

2 Comments

yukiukiyon  

2. Re:ガールズ

>みぃたさん

もうそれどころではないので
次いってください

あ~~~~~

2016/02/18 (Thu) 23:02 | EDIT | REPLY |   

みぃた  

1. ガールズ

今回は女性3人ですね♪ガールでない方もいらっしゃいますが…www
劇中でもウンスは衣装を断っているシーンありましたね♪
トックングンの時でしたっけ⁇

しかしウンスはくるくる感情が忙しいですね(*´艸`)そんなところも可愛いのですが♡
大人に余裕ムンムンのウンスもお願いいたします♪

2016/02/18 (Thu) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment