No Life No Lee Min Ho イ・ミンホ

イ・ミンホ Movie・FF・Photo

あふれ出る想い 7 ー天界で生きたいチェ・ヨンー

 

ちょうど落雷が落ちたとき

チェ・ヨンは王と向き合っていた

 

チュンソクがチェ・ヨンに

この様子は典医寺に落ちたのでは?

と即座に言う

 

顔が青ざめひきつるチェ・ヨン

両手の握りこぶしがわなわなと震え

力が入りすぎて今にも血管が

破けそうなくらいだ

 

 

副隊長!

 

 

そう声を荒げチュンソクを呼ぶと

今すぐ典医寺に行きウン…

いや医仙が無事か確認せよ‼︎

 

チュンソクは

頭を下げ

 

はっ

 

と言うや否や

すぐさま部屋を飛び出していった

 

王がチェ・ヨンを見据えて言う

 

そなたが行かなくてよいのか?

 

ここは医仙の無事を確認してから

でもよいのだぞ

 

自分の女人にしたい程の人なのだろう?

いやもうしたと聞き及んでいたが…

実はそれは見せかけで

本当はそうではないのか?

 

まさか猿芝居ではなかろうな

チェ・ヨンともあろうものが…

 

他に心に決めた女人がおり……

 

 

王様‼︎

 

 

王の話を怒りに満ちた声で断ち切る

チェ・ヨン

 

 

一瞬場が静まる

王にこのような態度をとる者が

ほかにいるだろうか

いや  いない

 

 

今にも内功を発せんばかりに

握りこぶしからは雷のような

ばちばちとした音をさせている

テジャンを見て

チュソクら側にいた迂達赤が震え上がる

 

 

テジャンが怒り狂っている…

 

 

疑いに満ち自らの心に重い蓋を

しようとする王の振る舞いに

医仙の誤解

チャン・ビンとの抱擁も加わり

 

あの冷静沈着で何事にも動じない

チェ・ヨンがもはや正気を保てず

諸策をまとめ行うだけの余裕すら

なくなっていた

 

 

もう限界だ

 

 

怒りを内に込めた声でチェ・ヨンは

王にはっきりと言った

 

 

某は 医仙を ウンスを…

 

 

そこから雷神を放つかのような力を

秘めた瞳をいっぱいに見開くと

 

 

この先 お暇をいただき

ウンスと二人だけでひっそりと

生きて参りたい

 


さらに続ける

 

 

天門が開くのを二人で待ち

医仙を天界へとお連れして

某もそこで共に生きて参りたい

 

共に高麗で暮らすのではなく

共に天界で暮らしたいのです

 

 

お許し願いませんか

 

王様

 

 

先ほどここで王に言った

 

医仙を自分の女人にしたい

 

という言葉を上回るほどの

想いもしなかった驚くべき言葉に

一堂は呆然を通り越え愕然とし

 

王ですらも口をあんぐりと開け

まったく身動きすらできない

状況だった

 

 

じっと王の目を強い力で見つめ続ける

チェ・ヨン

 

最初は驚きで目を見開いていた

王だったが

すぐにそのチェ・ヨンの圧倒的な

目力に往なされ

 

 

力なく下を向いた

 

 

迂達赤も侍従のアン・ドチも

ずっとその場に立ち尽くすだけ

 

 

もう一度チェ・ヨンは

 

 

許していただけますか?

 

 

ただ その言葉を置いた

 

 

ようやく我に返った王は口を開き


テジャンは一体何が言いたいのだ

そのようなことできる分けがなかろう?

とすがるかのような声で言う

 

チェ・ヨンは面倒な言葉を再び

発せねばならぬのかと

 

顔をしかめ一瞬視線を右下に落とし

はぁっとため息をつくと

 

 

どうしてできぬと決めつけるのです


どうして最初からやりもせずに

だめだと諦めるのです


どうして…

 

先ほどまであれほど力強く言葉を

発していたチェ・ヨンの瞳が

わずかばかり潤み

一瞬その先を言い淀んだが

すぐに両唇を固く結ぶと



 ...どうして素直になられぬのです

 

 

そう王に言った

 

 

 

私の心にしまい込んでいるものを

知っているのか…

 

 

まだ幼きころからずっとしまい込んできた

この想いにテジャンは気づいているのか?

 

誰にも気づかれたことのない

王妃への想い

 

一目見た時から恋に落ち  それ以降

あのひと以外は絶対に妻にせぬと

誓ったあの気持ち

 

しかし征略結婚には抗えぬと

蓋をしてしまい込んできた想いは

止められぬ想いとなり

今では苦しゅうて苦しゅうて

夜も眠れぬようになってしまった

 

 

だから毎晩絵ばかり描き

描き

描き…

ただただ 虚しさを紡ぐ日々

 

 

 

あの初恋のお方だと気付いた時には

王妃は私のことなど全く眼中になく

眼も合わせずただ目の前を

冷徹な無表情な顔で見ているだけ

 

 

これをどうすれば良いというのだ

 

 

しかも先ほどテジャンには

あのようなあふれ出る想いを

満面の笑みとして浮かべ

 

あの吸い込まれるような瞳で

テジャンを見つめ…

 

まるで花が咲き誇る庭園に舞い降りる

美しくきれいな蝶のようだった

 

以前にはひどい怪我を負ったチェ・ヨンに

確か 王妃自らのために死ぬなと伝えた

とも聞く

 

 

夫婦でありながら夫婦にはなり得ない

この運命を私は一体どうすれば良い

というのだ

 

 

 

呆然とした目で額に脂汗を浮かべながら

宙を見つめる王を眺めチェ・ヨンは 

幾ばくかの落ち着きを取り戻し

 

また戻ってきたチュンソクから

ウンスは大丈夫だと聞くと



仕方あるまい

一つ試してみるか

 


と誰にも分からぬほどの小さな声で

呟いた

 

 

どれほどの辛い苦しみを元で一人

背負って生きてこられたのか

 

高麗に戻ったといえど

好いている王妃とは相いれず

俺が見放したら信用できる家来の

一人もいない

 

 

まるで自分と同じ境遇のような気がして

また先ほどの美しい王妃があまりに

不憫で

 

チェ・ヨンは先ほどの本心に

仕方なく蓋をして言葉を放った

 

 

王様

 

一つお伺い致します

 

 

もう誰を頼ればいいのか

何を信じればいいのか

心が壊れそうになっている王

目も虚ろになり俺の言葉も

入ってないようだ

 

 

王様‼︎

 

 

まるで雷を落とすかのように

チェ・ヨンはそう言うと

 

 

王の前に跪き頭を垂れ

 


 

某から絶対に離れぬと誓えますか?

 

 

そう言った

 

 

俺は一体何を言っているのだ

俺が護りたいのはウンスただ一人

それなのに王まで背負ったら

身動きが取れなくなる…

 

だが目の前で幼子のように

どうすればよいかも分からぬ

高麗の王を

高麗の民として

放り置くわけにはいかぬ

 

 

そう思いながら言葉を待つと

 

王は唯一信頼できるチェ・ヨンが

そのような言葉を再び掛けてくれた

ことが嬉しくてたまらず

 

チェ・ヨンの心を得られることが

明るい未来を自分にもたらすように思え

 

辱めを受けているとも思わず

先ほどとは全く異なる素直な気持ちで

 

相わかった

私は今日これから 

迂達赤隊長 崔瑩

と共に歩んでいく

 

 

そう言った

 

 

そのはっきりとした決意を聞き

 

チェ・ヨンは

再び王の瞳を得るかのような

眼差しを送り

 

 

ならば某が必ずお護りします

 

 

約束いたしますゆえ

 

 

と短くだが

真実の眼差しで己の気持ちを伝えた

 

 

ところで王様

ここで私共  固い主従の契りを交わした

のですから二つほどお願いがあります

 

とチェ・ヨンが言う

 

 

なんだ 言うてみよ

と興味深げな王

 

 

本日の宴ですが

まずは

 

某の…

 

某の仮祝言を王様と王妃様の前で

挙げさせていただけないでしょうか

 

 

ようやく先ほどからの緊張した

雰囲気が溶け普通の話に戻るかと思いきや

またもや驚くような言葉が

テジャンの口から発せられる

 

一体うちのテジャンは

どれだけの懐を持っているのだ

 そう迂達赤は思わざるを得なかった

 

そのように早急にせねばいけぬ

わけでもあるのか?

 

一応王は聞く

 

 

はい 医仙は天界の人と既に噂が

巷まで広がり  そのような珍しいお方を

狙う輩は多く危険でなりません

 

医仙を護る意味でも某の妻としての

地位を明確にしておきたいのです

でないとしたいこともできませぬ

 

 

よしわかった

テジャンと医仙なら高麗一の夫婦と

なるであろう

医仙も承諾しておるのであろう?

 

王の問いに即座にはいと言いたかったが

さきほどの誤解があり

思わず言葉を濁してしまった

 

戻ってきたチュンソクが早く典医寺へと

いうジェスチャーをしきりと送ってくる

 

チェ・ヨンにはこちらから出向き

ウンスに説明する気がまったくないため

完全に無視を決め込んでいた

 

 

次にもう一つ大事なことですが

 

なんだ

 

 

王様と王妃様には手を握り合って宴に

出席していただきたい

 

肩を並べてそれぞれの前をただ見て歩く

のではなく

 

互いの手を握り互いの温もりを

感じながら歩くのです

そうすれば互いがどれほど

大切な人なのかがよくわかりますゆえ

 

いいですね

王様

 

 

あとで手の握り方を教えますから...

王妃様はもう練習されました

王様と手を握られるために

 

わかりますね  この意味が

 

 

そうするのですよ

そうせねばならぬのですよと

 

人の気持ちに今日はどんどん

入り込んでくるチェ・ヨン

 

これまで何事にも全く無関心だった男が

護りたい女人ができるだけで

これほどまでに変わるのであるな


 

ならば私も王妃も変われるかもしれぬ

との最後の賭けの思いで

その要求を飲むことにした

 

 

チェ・ヨンは自らが天界にいき

ウンスが生き生きと生きられる世界で

共に自らも心赴くまま自由に生きてみたい


という想いを一旦心の中に閉じ込め

それはこの先落ち着いたら必ずや

実現すると心に固く決め

 

今は

王のために  王妃のために  生き

 

そしてウンスがその間

幸せに高麗で暮らせるよう

庇護を受けられるよう

身辺を一遍に整えた

 

 

一切の段取りを片付け

王にも手の握り方を教えると

部屋を出て中庭の黄色い小菊を

再び眺めるチェ・ヨン

 

 

今日は 一体何度この菊を

眺めているのだろう

 

嬉しくなったり

悲しくなったり

 

いろいろな気持ちに一瞬でなるのだな

とつくづく感じていた

 

チュンソクがテジャンの後を追い

典医寺でのチャン・ビンとウンスの顛末を

事細かに教える

 


二人は抱き合い

チャン・ビンは今にも口づけしそうな目で

ウンスを見たと思ったら


今度は自分の部屋に招き入れ

お茶を煎れた茶器をウンスの手に

取りもたせて飲ませ

潤んだ瞳でウンスの話を聞いていた


しかしその後すぐにウンスは泣き叫び

チャン・ビンの胸に倒れこんだ

 

これまた迂達赤トクマンの余計な脚色が

追加されさらに現実よりも

ひどい状況となった

 

チェ・ヨンはもう怒りを通り越し

方針状態で力なく回廊に腰を下ろし

黄色い小菊の花を一つ折った

 

どうしてこのようなことに

再びなってしまったのか

 

俺たちはいつも勘違いやすれ違いばかり

ずっと一緒にいなければ心は通じず

離れるだけなのか

 

共にいなくても心はいつも一つ

そのようにはなれないのだろうか

 

もしもこの黄色い小菊をウンスの耳に 

刺してやれば

事象だけを見てお互いを疑ってしまう

なんとも情けない気持ちは

きれいさっぱりと消えてくれるのだろうか

 

そう想いながら

先ほどの王との対峙で幾分疲れ

チュンソクからの報告で

心が再び壊れそうになる自分に

呆れ果て

 

俺はもうどうにかなってしまった...

ウンスに俺の心のすべてを

持って行かれてしまった

 

俺ではもうどうにもならない

ウンスがいなければどうにもならない

そんな弱い心になってしまったのかと

 

ただ情けない自分を

どうしてよいのかわからず

ひたすらその場を動けずにいた

 

甥子チェ・ヨンのその姿をみた

チェ尚宮は

 

強く逞しく瞬時の判断力で信望も厚い

自慢の甥  チェ・ヨンが

このようになるとは…

 

所詮やつもただの若い青年だった

ということか

想い焦がれる恋煩いの気持ちだけは

どうにもならぬということか

 

ならば一肌脱ぐか

それともあやつらに任せてみるか…

 

可愛い子には旅をさせろという

 

ここはひとまずどのようにするのか

見てみるとしよう

 

ただし仮祝言ができるかできないのか

それはチェ・ヨンとウンス次第

ということになるが

はて 間に合うのか

時間はそうないが...

 

そう言って宴で羽織る

王妃とウンスの礼装を持ち

王妃の元へと急ぎ歩いて行った

 

 

{C812E61B-61DE-4F55-86BC-445B5C7922B8:01}
ウンス…俺はイムジャとどのような状況になろうと
互いを信じられる真の心の結びつきを得たいのだ

どのようなことがあろうと俺を信じ抜いてくれぬか
ウンス…

俺の心はウンスだけのものなのだ 永遠に

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

関連記事

 想い シンイ二次

11 Comments

みぃた  

11. 王様ぁ

王様の心の内がすごくきゅんというかギュンというかなりました(*´艸`)
あの2人の問題加減もけっこう深刻でヨンの手をつなぎ作戦はどうなるのかなと期待♡

ヨンがこっちの(天界)世界に来たらどぉんななるんだろぅ♪
職業SP…いやいやシティハンターか
あ、キャラ違ったΣ(゚艸゚〃)

2016/02/17 (Wed) 22:13 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

10. Re:Re:Re:無題

>ao2772さん

まじですかっ
著作権放棄してね(・_・;

うそうそっ

出典元入れさせて
いただきますねっ

やった♡

2016/02/17 (Wed) 18:50 | EDIT | REPLY |   

ao2772  

9. Re:Re:無題

>yukiukiyonさん

キャァー嬉しいです。
好きなだけ使ってください。
ヨンとウンスの為なら遠慮なくо(ж>▽<)y ☆

続きも楽しみにしています。

2016/02/17 (Wed) 18:29 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

8. Re:信義に熱いのはいいけどね~

>marumomoさん

やっぱりいまのところ
メッセも含め
100%ヨン!なんとかしなさい!
ウンスの心を護りなさいだ^^;

私の予定ではヨンが言っているとおり
「そうするつもりがない」
のでどうしよう…^^;

ちょっと考えてみます~
むむむむw
えへへへw
↑なんの笑いだろこわっつ

2016/02/17 (Wed) 14:41 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

7. Re:無題

>ao2772さん

コメありがとうございます♪
ウンスの心か~
そうか~
そうね~

本当にありがとう( ; ; )
ヨンにその言葉伝えたい

あなたにとって誰の心を護りたいのか
もう一度思い出して‼︎

いい
この言葉

今日の物語に似たような雰囲気で
文中に使いたいのですが?
だめでしょうか…^^;
もしコメ返いただければ…

ヨンの気持ちに
ウンスの気持ちに
なっていただいて
本当に嬉しいです♪

続きもよろしくね!

2016/02/17 (Wed) 14:38 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

6. Re:おはヨンございます

>ぽんたさん

ぽんたさ~ん怒ってるww?
ウンスの心を護る
いい響きですね!

さてヨンはどうするのか!
ん~~~~~まだ決まってないw

ちなみに王様小さいって(身長も
かけてみた?w)
イケイケドンのコメにヒントいただきました
その路線でいかせていただきます!

ドラマの中で王様と王妃様どうやって
心を一つにしたのかちょっと覚えてない…
どうだっけ?

私ヨンに夢中すぎて^^;

では次もよろしくおねがいします

2016/02/17 (Wed) 14:35 | EDIT | REPLY |   

yukiukiyon  

5. Re:おはようございます

>91714hahaさん

コメありがとうございます♪
嬉しいです!

恋はそう簡単にうまくいかないですよね(・_・;
つらいけど成就するまで
また地固めするまでの
辛いプロセスが
その後の二人の糧になり
良い思い出になるのかも!

ドチそういえばドラマでもいい味
だしてましたよね!
王様と王妃様に
初夜とはなに?
的な...
了解しました!
すごく楽しそう♪
貴重なアイデアありがとうございます♪

続きも読んでね~~♪

2016/02/17 (Wed) 14:03 | EDIT | REPLY |   

marumomo  

4. 信義に熱いのはいいけどね~

やはりチェヨンは信義に熱いオトコですね~
それでこそチェヨンなんですが・・・
今回はやはり自分の恋も何とかしなくては(^o^)
早くウンスの所に行ってあげて~~
王様もそろそろ頑張ろうね(^^)
さてさてどうなるのかな??
また、お疲れでしょうが
頑張って書き上げて下さい。
待ってまーす*\(^o^)/*

2016/02/17 (Wed) 13:28 | EDIT | REPLY |   

ao2772  

3. 無題

王様も大事だけど・・今一番大事なのはウンスの心でしょう(泣)

黙って信じるのも大事だけど 今はきちんと状況を説明しないと伝わらず どんどんこじれてしまぞい

ヨン!あなたにとって誰の心を守りたいのかもう一度思い出して!!

どうやって修復するのか楽しみだぁ

2016/02/17 (Wed) 13:02 | EDIT | REPLY |   

ぽんた  

2. おはヨンございます

ヨン…婚姻って言う形や体面が大事なのは分かるけど、
今はウンスの心を護ることが最優先なんじゃ~ないのかな?

王様と王妃様は、傷つくのを恐れて、気持ちに蓋をするから、どんどんややこしくなってるし…
小さくまとまってるんじゃ~ないぜ!小さい王様!
男だろ~?
王妃様に素直な気持ちで正面突破だ~
イケイケドンドン♪

2016/02/17 (Wed) 10:29 | EDIT | REPLY |   

91714haha  

1. おはようございます

恋患いの方が沢山いる様子❤
ヨンは自分も解決出来ないのに王様の為策を練るのですね
熱い思いは思い人に伝えなきゃなんだけど・・・恋愛経験の少ない人たちばかりだから(;一_一)
叔母様よろしくお願いしますね

前に書いたコメント消えてしまいました( 一一)
リクエスト今から大丈夫ですか?
ドチさんの奥さんどうでしょう?(TV出演なしですが)
外から見た王宮の人々キラキラして眩しい限りでしょう
色々( ..)φメモメモしてるんじゃないかと(笑)

2016/02/17 (Wed) 09:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment